手続きをスムーズに!帰国時のチェックインについて

搭乗手続きで行うこと

海外旅行から帰る際には日本を出国した時と同じ余蘊い、航空会社のカウンターに行くことになります。座席のクラスによって列が違うため注意しましょう。荷物をチェックインの際に預ける場合は、貴重品を入れないのが重要です。また税金の払い戻しがあるならば、購入品は預けないようにしましょう。航空会社の路線やクラスによって、1人が預けられる荷物の重量は決まっています。空港使用料や空港税が必要な場合は、空港の指定された場所で支払うことになりますが、基本的に現地の通貨でしか支払うことができないので所持金は残しておくと安心です。ツアーに参加して海外旅行をしている場合は、現地係員や添乗員についてきてもらえるケースが多くなっています。

保安検査で覚えておくといいこと

ハイジャックなどを防止するため、機内に持ち込む手荷物はX線検査を行い金属探知機によるチェックがあります。上着や靴を脱いで調べるなど厳しく実施されるため、あらかじめ持ち物には注意しましょう。国によって持ち出すことができない規制品などが存在します。知らずに持って帰ろうとした場合、没収されてしまうので覚えておきましょう。特に骨董品や美術品、現地の通過などは規制されているケースが多いです。国外に持ち出すことができても、日本に持ち込むことができない品物もあります。ある年代以前の彫刻は持ち出すことができない、指定された店以外で購入した宝石は禁止されているなど国によって細かい違いがあるので調べておくと安心です。